秘書検定1級の受験資格、難易度と面接対策

秘書の仕事とは

外資系企業では、秘書はセクレタリと呼ばれています。役員を担当するエグゼクティブ・セクレタリ、部課長クラスを担当する
シニア・セクレタリ、前記セクレタリを補佐するジュニア・セクレタリなどがあります。


秘書の主な役割は、担当する上司が仕事に専念し業績を挙げられるように、あらゆる雑務を行い上司の仕事を整理することです。


一般的な役員秘書の場合、担当する上司の会議や出張の準備、文書作成、来客の接遇、
スケジュールやメールの管理、パーティーの準備や出席といった業務を行います。会社の仕事に関わるものから、
私的な慶弔や食事の手配といったことまでが範囲になります。


秘書は、電話の応対や来客の接遇をとおして、上司や会社を代表する顔にもなります。そのため秘書の印象が悪いと、
上司や会社の印象まで悪くなってしまうので、明朗活発で利発な印象の秘書が求められます。


また秘書は、上司と部下、上司の上司、他の部や課、社外の取引先、上司の家族・知人等といった人々との
コミュニケーションの中心にいることになり、重要な連絡事項を取り次いだり、面会を手配したりします。
そのために守秘義務も生じ、仕事上知ったことを他言しない口の堅さも必要です。


秘書は、企業の役員秘書だけでなく、学者の秘書、議員秘書などさまざまな職種で秘書の仕事があります。